歯の痛み 何もしていなくても痛む そんなときは?

おはようございます。

 

東急大井町線中延駅前徒歩1分 なかのぶ歯科 間中広明です。

 

今日からは、少し歯の痛みについてわけてお話をしていきます。

 

今回は何もしていなくてもいたい!

 

そんな場合に考えられるお話です。

 

1.虫歯です!


1番可能性が高いのが、虫歯です。

 

歯の中に細菌の感染が強く認められると、

 

何もしなくてもズキズキ痛むようになります。

 

虫歯が進行し、ついには歯の内部の神経のあるところまで、

 

虫歯が到達してしまうと強烈な痛みが襲ってきます。

 

自発痛といい、なんの刺激もないのに生じる痛みがある場合は

 

やや進行していると思われます。

 

<対処法>
 

ここまで、強い痛みがある場合は、神経をとる治療が必要なことが

 

多いと思います。ご自身でできることは、痛んでいるところを冷やし、

 

なるべくはやめに歯医者さんにいきましょう。

 

レントゲンや他の検査もしてからの総合的な判断が必要となりますが、

 

神経を保存するのは、難しいかなっと思います。

 

 

2.根の病気

次に考えられるのが歯の根病気です。

 

もし、神経がない歯なのに強い痛みがある場合は、

 

根の先に病気があるかもしれません。

 

神経がない歯、または神経が死んでしまった歯の中で細菌が

 

繁殖すると歯の根の先端に膿ができてきます。

 

慢性的な病変なので症状がなく進むことが多いですが、

 

免疫力の低下などが引き金になり、急に強烈な痛みが

 

出てしまうことがあります。

 

でもまた、慢性に戻り、症状が落ち着くこともありますが

 

原因を取り除かないと、また痛み始めることが多いように思われます。

 

<対処法>

根本的には、根の中の細菌を取り除く治療である歯の根の中の治療が

 

必要になります。しかし、なかなか忙しくていけない。

 

そんなときは痛いところを冷やしてみましょう。

 

根の中の細菌が減少すると、膿はなくなり症状も落ち着いていきます。

 

神経が残っているかどうか、十分な検査をする必要があります。

 

痛みが強い場合、抗生物質を服用することもあります。

 

という感じで今日から普段の痛みについてお話が始まりました。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

なかのぶ歯科

 

品川区中延の歯医者

 

tel0357026490

nakanobushika.com

お電話時にはブログみたよーとおつたえください