唾液と咬むことの関係性は?

おはようございます。

 

東急大井町線 中延駅前 徒歩1分 なかのぶ歯科 間中広明です。

 

今日は、唾液とかむことにについてお話をします。

 

唾液というと噛むことというと、

 

どんなイメージをお持ちでしょうか?

 

どんな良いかみ合わせでよく噛むとお口の中の唾液が

 

たくさん出るようになります。

実はこの唾液に、若さを支える様々な働きがあります。

 

わかってきた唾液の様々な働き

 

①唾液には消化を助ける働きがあることはよく知られています。

 

唾液の中のムチンという粘り気の物質が食べ物を包んで、

 

のどや食道胃腸などを守っています。

 

唾液には、外部からの病原菌の侵入を防いだりお口の雑菌が

 

増えないようにする働きもあります。

 

最近注目されているラクトフェリンは唾液に多く含まれその抗菌作用から

 

「天然の抗生物質」とも呼ばれてます。

 

ラクトフェリンとは腸内の善玉菌を増やしたり免疫力を高める作用の

 

あるたんぱく質

 

②唾液には皮膚や脳の老化を抑えて若返りを促す働きがあります。

 

唾液には上皮成長因子と神経成長因子が含まれていることが分かってます。

 

上皮成長因子は皮膚が傷ついたとき傷跡の修復を促す働きで、

 

皮膚を活性化する機能と考えてよいとおもう。

 

神経成長因子は神経細胞を活性化し脳神経の機能を回復する機能です。

 

ドライマウスといって唾液の少ない人は唾液中の活性酸素が多いという

 

研究結果もあります。

 

このことからも唾液の量が減ることで全身の健康に作用していきます。

 

 

 

 

お口が乾燥してきたなと思ったら是非一度歯科医院に受診してみてください。

 

なかのぶ歯科
 
品川区中延の歯医者
 
tel0357026490
 
お電話時には、ブログみたよー
 
とおつたえください