歯の本数と認知症の関係とは?

おはようございます。

 

東急大井町線 中延駅前 徒歩1分 なかのぶ歯科 間中広明です。

 

今日は、認知症と歯の状態についてお話をします。

 

歯の状態と認知症というと、一体、どんな関係があるのか?

 

と疑問を持つ方もいるかと思います。

 

最近の厚生労働科学研究班の調査によると、

 

要介護認定を伴う認知度Ⅱ以上発症するまでの日数や歯の数、

 

咀嚼能力、かかりつけ歯科医院の有無などが関係している可能性が

 

あると発表しました。

 

 

 

 

これは、年齢、治療疾患の有無や生活習慣などにかかわらず、

 

歯がない人は認知症発症リスクが高くなることといっても過言ではないということを示唆しています。

 

特に、歯がほとんどないにもかかわらず義歯を使用していない人は、

 

歯が20本以上残っている人の1.9倍認知症発症リスクが

 

高いことがわかりました。

 

しかしはがほとんどない場合でも義歯を使用することで、

 

認知症発症リスクを4割も抑制できる可能性があることがわかりました。

 

これはすごい!!

 

 

歯の数が少ない高齢者ほど

 

記憶をつかさどる海馬や思考能力を担っている前頭葉という部分が

 

縮んだという報告もある。

 

歯の状態と認知症との関係について

 

厚生労働科学班は

 

「噛めなくなることにより、栄養が隔たったり咀嚼機能の低下が起こる。

 

それらが脳の認知機能の低下を招いているのではないか」

 

としています。

 

またかかりつけ医院を持っている人に比べ、

 

もっていない人の認知症発症リスクは1.4倍にのぼり、

 

歯の状態が脳の働きを含め身体全体の健康に大きく影響を及ぼしているのかもしれません。

 

当院でも入れ歯が合わずにつかってなかった人が、

 

入れ歯で食べれるようになって元気になっていく姿を見かけます!

 

食べることは元気の源です!

 

お悩みの人は一度ご連絡ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます

 

なかのぶ歯科

 

品川区中延の歯医者

 

tel0357026490

 

お電話時には、「ブログ」みたよ!

 

おつたえください