妊娠の歯ブラシについて

おはようございます。

都営浅草線 中延駅前 徒歩1分 なかのぶ歯科 間中広明です。

今回は妊娠期の口腔ケアについてお話します。

妊娠中は女性ホルモンの増加により、お口の中の環境が変化し、歯や歯ぐきのトラブルが起こりやすくなります

妊娠時に見られやすい歯やお口の問題としては、

歯肉炎、むし歯、口臭、親知らずの痛み、口内炎の増加などが挙げられます。

妊娠をするとホルモンのバランスが崩れ、歯肉炎にかかりやすいと言われています。おおくは女性ホルモンが関わっていて、特にエストロゲンという女性ホルモンがある特定の歯周病原細菌の増殖を促すことや、プロゲステロンというホルモンはいたみのもとであるプロスタグランジンというホルモンを刺激することが分かっています。

このため妊娠性歯肉炎が起こりやすくなります。ただし、汚れが残っていない清潔なお口の中では起こらず、起こっても軽度で済みます。

妊娠中は歯ブラシをよく行い、歯周病の予防が必要となります

しかし、つわりにより歯磨きができない場合もあるかもしれません。

そのため、工夫をして行うことが必要です。 

つわりの時期の口腔ケアの方法としては、

•体調や気分の良い時にブラッシングををする

子供用の歯ブラシなど、ベッドの小さいものを使用する

•顔を下に向け、前に掻き出すように磨く

•歯ブラシは小刻みに動かす

•刺激やにおいの強い歯磨剤は避けることが良いでしょう。

それでも歯磨きが出来ない場合は、洗口剤などでよくうがいをしましょう。 

お母さんがむし歯になると、赤ちゃんがむし歯になるリスクも高まるため、お口の中の状態を清潔に保つことが大切です。

口の中をよい状態に保つためにも定期的な健診が安心ですね。

気になることありましたら、お気軽にスタッフまでお尋ねください。

最後までお読みいただきありがとうございます