なかのぶ歯科 ブログ

東京都品川区中延駅前のなかのぶ歯科です。 なかのぶ歯科では、定期検診を重視し、むし歯や歯周病を予防するお口の環境を作り上げるのをお手伝いするやさしい歯医者さんとして地域に密着した歯科医院を目指しています.

小学生の歯ブラシについて

おはようございます。

 

東急大井町線 中延駅前 徒歩1分 なかのぶ歯科 間中広明です。

 

食欲の秋ですね

 

飲みすぎ、食べ過ぎに注意してくださいね。

 

また、美味しいものを食べた後はしっかり歯磨きをしましょう!

 

今回は、6歳〜12歳の学童期の歯ブラシについてお話をさせてください。

 

小学生に永久歯(おとなの歯)が生えてくる時期になります。

永久歯のヘの生え変わりは6歳頃から始まり、6〜7年かけて生えそろいます。

 

この時期は乳歯と永久歯が混在する為、歯磨きが難しく、磨き残しが多く見られます。

本人で磨いた後は、必ずご家族の方で手が器用になってくる9歳くらいまでは

仕上げ磨きをしてあげてください。

 

大人の歯で一番最初に生えて歯ってどこの歯でしょうか?

 

1番初めに生えてくるのが前から数えて6番目の歯であり、6歳に生えてくることから

『6歳臼歯』とも呼ばれています。

 

6歳臼歯とは、乳歯の一番後ろに生えてくる歯です。

歯の中で1番噛む力が大きく、食事をするうえで、とても大切です。

一生、使ってもらいたい歯です。

 

永久歯の歯並びの中心にもなります。

そんな大切な6歳臼歯ですが、むし歯になりやすい歯と言われています。

 

なぜむし歯になりやすいのでしょうか?

1.生え始めは手前の乳歯のほうが背が高く、段差ができハブラシが届きにくい。

2.噛み合わせの面が複雑で深いので、みがきにくく、むし歯になりやすい。

3.1年以上上下の歯が咬み合うまでに時間がかかる為、汚れがたまりやすい。

4.生えたての歯はとても未熟で抵抗力も弱い。

 

主にこれらの理由があげられます。

6歳臼歯を守るためには、念入りに歯磨きを行うことが大事になってきます。

生えたての6歳臼歯をしっかり磨くためには、ハブラシを真っ直ぐ入れただけではキレイになりません。

口を少し閉じぎみにしてハブラシを横から入れて磨くとハブラシが歯にしっかりあたります。

 

当院のスタッフにお声がけいただければ、一人ひとりに合った磨き方をお伝えできるかと思いますので、気軽になんでもお聞きください!

 

これらのことに注意して、むし歯にならないよう歯磨きを頑張りましょう!

 

 

最後まで御読みいただきありがとうございます