なかのぶ歯科 歯の豆知識

東京都品川区中延駅前のなかのぶ歯科です。 なかのぶ歯科では、定期検診を重視し、むし歯や歯周病を予防するお口の環境を作り上げるのをお手伝いするやさしい歯医者さんとして地域に密着した歯科医院を目指しています.

スウェーデン式の予防歯科とは?

おはようございます。

東急大井町線中延駅前徒歩1分 なかのぶ歯科です。

今回はスウェーデン式の歯科治療とは?
というと話をしていきます!!
予防歯科の先進国とはどこかわかりますか?



答えは、北欧といわれています!
なかでもスウェーデンフィンランドといった国がメッカと言われています!
キシリトールガムでフィンランドは有名ですし、

スウェーデン予防歯科のプログラムが有名です!!


ここでいうスウェーデン式の予防システムとは、
「科学的に効果が実証されたプログラムにのっとり、

一人ひとりの状態に応じた適切な指導内容で、歯科予防処置を実践している」

ということです。

科学的とはどういうことでしょうか?

標準医療ともいわれ、ほとんどの方に有効な治療の方法といわれているのかま科学的といわれています。

身長やさまざまな病気への抵抗力、遺伝子上の特質が一人ひとり違うように、

歯の硬さや酸への耐性、口内の虫歯菌の数、唾液の量なども一人ひとり異なります。

そのため、虫歯・歯周病を予防するためには、その人に合った指導が必要となりますよね。


とくに歯科医院では、患者様1人1人は違います。
歯の並びや形も違います。

個別のブラッシング指導やクリーニング、生活習慣の指導を行う、

それぞれの患者に合わせたオーダーメイドの予防治療を行っていますという目印になるわけです。

どの歯科医院が歯科予防処置に力を入れているのかは、パッと見ただけではよくわからないこともあります。

当院では、まだそこまでの準備ができておりませんが、f:id:nakanobushika:20190919083500j:plainスウェーデン式に負けないようなシステムを作っていきたいとおもいます。

最後までお読みいただき本当にありがとうございます。

なかのぶ歯科

品川区中延の歯医者

tel0357026490

nakanobushika.com

お電話時にはブログみたよーとおつたえください

金属アレルギーとは?

おはようございます!

東急大井町線 中延駅前 徒歩1分 なかのぶ歯科です。

今日は、歯科での金属アレルギーについてお話をします。

金属アレルギーとは金属イオンの溶出によって引き起こされます。


人の唾液は酸性です。そのため金属の種類によっては容易に錆びて溶けてしまいます。

溶けてしまった金属は、粘膜を通してそのまま体内に取り込まれてしまいます。

体内に取り込まれた金属は異物と認知され、リンパ球の攻撃を受けることになります。

この結果、皮膚や体内に炎症やかゆみが発生します。
これが金属アレルギーです。


体に良くないからといって歯につめものをしない訳にはいきません。
健康のため、少しでも害の少ない、体に優しい材料をおすすめします。
現在、国の健康保険制度で使用が認められているのは、銀またはパラジウム合金のみです。


よって、セラミック(金属を用いない白い材料)や金(安定した金属で溶けにくい)を使用する場合は保険対象外となり患者さんの負担は大きくなります。

しかし、体の健康を考えるとより害の少ない、安全な材料を使った治療をお勧めします。

当医院では材料の説明をさせて頂く、カウンセリングの時間を設けております。
f:id:nakanobushika:20190916230813j:plain
そこで自分に合った、納得のできる物を選んで頂けたらと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

なかのぶ歯科 品川区中延の歯医者

tel0357026490

お電話時には、「ブログみたよー!」とおつたえください

フッ素って?

おはようございます。

f:id:nakanobushika:20190908160831j:plain
東急大井町線 中延駅前 徒歩1分 なかのぶ歯科です。

昨日は、虫歯の管理の話です。

今日は、予防していくにあたり、フッ素ってどうなの?

という話をしていきます。

さて、突然ですが、虫歯の予防には、何が一番効果的でしょうか?
甘いものを食べたり飲んだりする回数を減らすことが一番です。
ときどき甘いものを食べてしまう人のための、
積極的な手助けの方法があります
それはフッ素を含む薬剤を虫歯になりやすい歯面に塗ったり、
フッ素を含む溶液で口をゆすいだり、
あるいは
フッ素を含む歯磨き剤を使う方法です。
日本の子供たちがアメリカの子供たちよりもずっと砂糖を摂っていないのに
虫歯が多い原因は、
日本でフッ化物を利用した虫歯予防が進んでいないためと考えられています。
虫歯予防を考えるときには虫歯になることのマイナスと
フッ素の害を比較しないといけませんね、

虫歯治療時の危険、歯の中の血管を通して血流に流れ込む最近の害、

虫歯の穴に詰める合金に含まれる重金属の危険。

そして治療した歯は何年か経つと再び虫歯になるリスクがあります。

国が虫歯予防としてフッ素を使おうとすると骨の病気やひどいものでは

発がん性の疑いを論じて反対の声が上がることがあります。

ただ自然のままで虫歯にならないようになればいいのですが、
現代社会においてフッ素を用いた予防を行う方が虫歯になって治療するより
効果が高いと言えます。(お互いのメリット、デメリットあります。)


当院では、使わなくてもよいお子様は極力使いません。

皆様も年齢に応じた(幼児期、学童期、成人期、高齢期)
予防のやり方も変わってきます。
気になるかたは、スタッフまでお気軽にお尋ねください!

最後までお読みいただきありがとうございます。

なかのぶ歯科

品川区中延の歯医者

tel0357026490

お電話時には、ブログみたよ!とおつたえください

虫歯治療の取り組みは?

おはようございます。

東急大井町 中延駅前 徒歩1分 なかのぶ歯科 です。

なかのぶ歯科での虫歯治療の取り組みをお伝えします。
歯を最低限しか削らないための取り組みとして、
なかのぶ歯科では、ドリルや器具にもこだわりがあります。

歯を削るドリルには大きいものから小さいものまで多くの種類がありますが、大きいドリルを使うと歯を削る量も大きくなりますので当院では従来よりも格段に細いドリルを使用しております。



また、小さいドリルを使えば、手元が見えやすく、
削りすぎるのを防いでくれるというメリットもあります。


さらに当院では、歯を削る量を少なくする方策として、「手の感触」で虫歯の状態を確認する工程を踏んでいます。これによりドリルを使ったときの歯に対する刺激も少なくなると考えています。

具体的には「スプーンエキスカベーター」と呼ばれる道具を利用します。

虫歯に侵された部分は「軟化象牙質」といい、歯が軟らかくなっています。
この部分は通常ドリルでも除去できますが、手の力で除去することもできます。

当院ではドリルだけで治療を終えることはありません。f:id:nakanobushika:20190830205522j:plain

その理由は、ドリルを利用することで健康な歯までも削ってしまう可能性

があり、虫歯の奥にある神経を痛めてしまう可能性があるからです。

ある程度の部分まではドリルを利用しますが、

最後はスプーンエキスカベーターを利用し、

手の感触で虫歯に感染した部分をしっかり見極め感染部分の除去を行います。

通常よりも少し時間はかかってしまいます。

虫歯治療の取り組みは数多いですが、なるべく健康な歯を残していくためにも

ご協力お願いします!



最後までお読みいただきありがとうございます!



なかのぶ歯科

品川区中延の歯医者

tel0357026490

お電話時には、ブログみたよ!とおつたえください

歯ブラシ交換のタイミングは?

おはようございます。

東急大井町線 中延駅前 徒歩1分 なかのぶ歯科です。

今日は歯ブラシの交換のタイミングについてお話をしていきます。

歯ブラシなどは消耗品ですので、きれいにブラッシングするたまには適度に交換をする必要があります。
その基準についてお話をしたいと思います!

1.毛先の開いてしまった歯ブラシでは十分な歯磨きができませんので、交換の目安となります。
後ろ側からみて毛束がみえていたら交換の目安としてください!

2.糸楊枝(フロス)
糸楊枝は基本、使い捨てです。歯と歯の間の汚れを取り除く道具です。

ただ単に上下に通すだけでなく、なるべく120 度くらいの幅を清掃してください!

3.歯間ブラシ
歯間ブラシ歯の根元のすき間に残る汚れを取り除く補助器具です。
ブラシ部分がほつれてきたり付け根部分が変形してしまったものは交換のサインです!。

歯並びや下がってしまった歯ぐきなど人それぞれ場合が違いますので、専門の方々にご相談すると安心ですね!





最後までお読みいただき本当にありがとうございます。

なかのぶ歯科

品川区中延の歯医者

tel0357026490

nakanobushika.com

お電話時にはブログみたよーとおつたえくださいf:id:nakanobushika:20190823082509j:plain

お口の中がいたい!!

おはようございます。

東急大井町線 中延駅前徒歩1分 なかのぶ歯科です。

みなさん、口内炎という言葉はご存知ですか?

口内炎は口の中の粘膜がただれていたい。 

あれです。



一般的に口内炎と言われるのは疲れたときや体調が悪いときにでやすいのですが、

唇や頬のなどのお口周りや、舌などにひりひりした痛みを感じる直径2~3㎜程度で周囲が赤くなり、その中心部に白っぽい潰瘍を形成するアフタ性口内炎と呼ばれるものになります。

ほうっておいても3~7日から2週間で自然に治ってしまうのが一般的です。原因として考えられるのが、過労・栄養不良・ストレスなどがあげられます。

対策としては

まず休養を取ることが大切です。

体調の変化やビタミンが足りない場合も起こりやすいいわれています。

ただ口内炎ができ他なっておもって

2週間以上経っても症状が改善しない場合には、

歯科医院を受信することも大事になってきます

(もしかしたら違う病気の可能性があります)

口内炎と言ってもさまざまな病気の症状あるいは初期の症状として現れることもあります。

口内炎と勘違いしやすい病気として

ウイルス感染による

・単純疱疹(単純ヘルペス)が多いようです。

口内炎

①2週間以上なおらない

②強い痛みや出血をともなう

③徐々におおきくなる

④同時に3か所以上できている

このような場合ははやめに歯科医院を受診するようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

なかのぶ歯科

品川区中延の歯医者

tel0357026490

nakanobushika.com

お電話時にはブログみたよーとおつたえくださいf:id:nakanobushika:20190817181726j:plain

顎がいたい!!

おはようございます。

東急大井町 中延駅前 徒歩1分 なかのぶ歯科です。
夏休みも最中、朝、起きれなかったり生活習慣が変わったりとしたときに

「口があきづらい」

または

「口を開いたり閉じたりしたときにポキポキと音が鳴ることはありますか?」


もしかしたら、小さい頃からこのような症状のある方はこれが普通と思っているかもしれませんね。

ですが、顎が鳴ったり、口が大きく開けられないというのは「顎関節症」という病気の一つの症状と考えられます。

あまり聞きなれない言葉ですかね?

最近は、歯医者さんで虫歯、歯周病と並んで多くなってきている病気です。

20代の女性に多くよくみられますが、

たとえとして、歯ぎしりや食いしばりを無意識にやっている方は、突然発症することもあります。

原因として考えられるのは、

①ストレス

②かみ合せの不良、

③筋肉のこわばり、

④関節自体の変形している場合などがあげられます。

悪くなると、口が開かなくなったり、

開いたり閉じたりするときに顎の関節が痛くなることもあります。

基本的には、悪い生活習慣の積み重ねで起こるといわれており、

その習慣の改善が必要です。

当院では、生活指導からアプローチをしていき、

改善が見られた方が多いです。

顎の調子がおかしいと感じましたらスタッフまでご相談ください。 f:id:nakanobushika:20190815165253j:plain

最後までお読みいただきありがとうございます。

なかのぶ歯科

品川区中延の歯医者

tel0357026490