なかのぶ歯科 ブログ

東京都品川区中延駅前のなかのぶ歯科です。 なかのぶ歯科では、定期検診を重視し、むし歯や歯周病を予防するお口の環境を作り上げるのをお手伝いするやさしい歯医者さんとして地域に密着した歯科医院を目指しています.

歯の土台について

東急大井町線 中延駅 徒歩1分 なかのぶ歯科 間中広明です。

当院では、神経を取ったあとの処置では、極力、金属の土台を

避けるようになりました。

金属土台を行わなくなってきた最大の理由は

歯が割れてしまう可能性が高くなる』

からです。

差し歯になる歯は、神経のない歯である場合が多いのですが、

神経のない歯は“枯れた木”にたとえられます。

神経のない歯に金属の土台をつけると、
“枯れた木”の真ん中に『金属のクイ』を打ち付けるようなものです。

つまり、『薪を斧で割る』ようなものです。

歯根が割れてしまうと、保存することが困難となり、抜歯の可能性が非常に高くなります。

そこで、歯を守るためには、最近では、ファイバーコアを使うようになっています。

ファイバーコアは、細いグラスファイバー繊維を幾重にも縒り固めた構造で、適度なしなやかさがあり、力を分散させやすい歯に優しい材質です。

金属を一切使用しないメタルフリー材質のため、金属アレルギーの心配もありません。

さらに審美的にも良好で、装着する事で中の色が金属色ではない事から、

歯が明るく白く見えることも利点です。

神経のない歯は脆く、通常の噛む力でも割れてしまうことがあります。

そして、歯の根が割れた場合には、抜歯しなければならないことがほとんどなので、
このような治療法は大変有効です。

基本的には、神経を取らないことが何より大切ですが、虫歯の深さ等で、どうしても神経を取らなければならない場合があるかともあります。

当院では、少しでも歯が長持ちする治療法を提案していけたらと思っております。

最後までお読みいただきありがとうございます