歯がしみる これってどうしたの?

おはようございます。

東急大井町線 中延駅 徒歩1分 なかのぶ歯科 間中広明です。

ここ最近か、天候が不安定なせいか。

歯がしみる感じがします。

みなさんもそういったことは、ありませんか?

飲み物を飲んだ時とかキーンと歯がしみた、なんて。

どうして、しみてくるのかなー。

って考えることもあると思います。

しみる原因には、虫歯、知覚過敏といったことが考えられます。

みなさんも、知覚過敏ってことば、一度は聞いたことがあるかもしれません。

症状としては、歯の1番外側を覆っている部分がなんらかの原因で欠損し、歯の神経に近い象牙質という部分が露出したとき、

①冷たい風が当たる

②冷たい水を飲む

③歯ブラシなどが当たる

などにより、むし歯がなくても一過性に痛みを訴える疾患のことをいいます。

その痛みはすぐに消失します。

そして歯と歯茎の間に多いです。

 

では象牙質知覚過敏症になってしまう原因は何なのでしょうか。

大きく分けて原因は3つあります。

1 歯と歯茎の間における歯ブラシの謝った使胃方

(歯ブラシの力が強いんですね)

2 きわめて強い噛み合わせがある場合

歯ぎしりがある場合

3 歯茎の下がり

象牙質知覚過敏症に対しての処置は、ご自身できることと、歯科医院で行えることがそれぞれあります。

 

ご自身でできることは、まず不適切なブラッシングを改善することです。

ついついブラッシングで力が入りすぎてしまったり、謝った糸磨きや歯間ブラシの使い方でも歯は削れてしまいます。

力と動かし方に注意して磨くようにしましょう。

そしご自身でできることのもう一つは、象牙質知覚過敏症専用の歯磨き粉を使ってみましょう。

象牙質知覚過敏症専用の歯磨き粉には、冷たいもの刺激を伝えづらくする乳酸アルミニウム、硝酸カリウムなどの有効成分が含まれています。

どの歯磨き粉を使っていいか分からないという方は、気軽にスタッフにお声がけください。

 

歯科医院で行える処置は、マウスピースなどの装着があげられます。

歯ぎしりや嚙みしめが強い方は、この装置を装着して就寝することで、歯を守ることができます。

 

2つ目は露出した象牙質の内部の小さな空隙を、歯と同じような成分の結晶や、その他様々な物質で閉鎖することで、歯の神経への刺激が遮断され、知覚過敏をなくすことができます。

これは歯科医院で薬物を塗布する方法で、歯磨き粉よりも効果が高く即効性があります。

 

知覚過敏は経験されたことのある方が多いですよね

自分はこれに当てはまるかもしれないと感じた方は、お尋ねください。

最後までお読みいただきありがとうございます